【闇はささやく】夫は死んだの?見逃しポイントとラスト考察

Netflix映画「闇はささやく」をご覧になった方の中には、「ラストの意味がよくわからなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?結局夫はどうなったのか…など疑問が残りますよね。

当記事では、映画「闇はささやく」の詳細やラストについて考察してみました。

なお当記事には、映画「闇はささやく」のネタバレ内容と結末が含まれます。作品をまだご覧になっていない方はご注意ください。

【闇はささやく】ネタバレ結末

アマンダ・セイフライド主演『闇はささやく』予告編 – Netflix

夫ジョージの裏の顔を知ってしまったキャサリンは、娘のフラニーを連れて彼のもとを去ることを決意。しかし夫に気づかれてしまい、キャサリンは斧で殺されてしまいます。

警察はジョージが有罪であると疑いましたが証拠はありません。しかし、全てを知っている友人のジャスティンが昏睡状態から目を覚まします。追い詰められたジョージは、ヨットに乗り海へ。嵐の中を懸命に航海するジョージの船は炎に包まれます。その光景は絵画と重なっていき、ナレーションとともにシュミット夫人の指輪が映し出されてエンディングとなります。

闇はささやく|Netflix(ネットフリックス)公式サイト

【闇はささやく】ラスト考察

夫ジョージのもとを去ろうとした妻キャサリンは、彼がこっそりと鎮静剤を入れておいたプロテインドリンクを飲んで意識を失ってしまいます。ベッドに倒れたキャサリンを、ジョージが斧で殺害。

「僕にはできない」というジョージをけしかける霊の声…。この霊の正体は?

家に潜む霊の正体は?

ジョージとキャサリンが住んでいる家には、2人の霊がいます。

1人は、キャサリンが遭遇するエラという女性の霊です。

エラと夫のカルは、ジョージとキャサリンが引っ越してくる前にその家に住んでいました。経済的に困窮したカルヴィンは、アルコールに溺れ家族に暴力を振るうようになります。そして最後には、妻のエラと無理心中してしまったのです。残された2人(原作では3人)の息子が、キャサリンの手伝いをすることになるエディとコールです。

エラの霊は、自分と同じような夫を持つキャサリンを守り安らぎを与えます。一方、夫のカルは悪い霊となり、ジョージをより悪質で残酷になるよう促します。

降霊会でも「悪霊が心を通わすのは邪悪な人間だけ」と言われていましたね。ジョージは邪悪な人間で、キャサリン殺害には、カルの霊も大きく影響していると考えられます。

ジョージはいとこを殺したのか?

ジョージが自分で描いたことになっていた水彩画。実はジョージのいとこヘンリーの描いたんですね。ヘンリーが亡くなった後、紛失したと思われていましたが、ジョージが盗んで自分のものにしてしまっただけでなく自分が描いたと偽ります

また絵を描いてはどうか?とキャサリンに聞かれ、彼は「絵よりは執筆」と答えます。おそらく絵は得意ではないのかもしれませんね。キャサリンがジョージについて唯一褒めていたことさえも嘘だったなんて虚しい。

またジョージは、ヘンリーの日記をよく読んでいたとも言っていました。もしかすると、彼の絵画に対する意見や論文のアイデアなどは、ヘンリーの日記からアイデアを得たとのかもしれません。

ヘンリーは19歳で溺死しますが、以上のことを考えるとヘンリーの死にもジョージが関わっていると考えて自然かもしれません。フロイドも同じように溺死したように見せかけて殺していますしね。

ジョージがヘンリーを殺したかどうかは、映画でも原作でも明らかにされていないので、観る方の想像力におおまかせ…ということになります。

指輪がもつ意味とは?

キャサリンがキッチンで見つけた指輪は、エラがつけていたものです。しかし指輪のもとの持ち主は、その家を建てた夫婦のスミット夫人でした。

ラストのシーンで、ズームされた夫人の指には同じ指輪がありましたよね。ということは、その指輪は代々その家に住んできた女性に受け継がれていることになります。

スミット夫人は26歳の若さで不可解な死を遂げています。おそらく、スウェーデンボルグの信者であったスミット夫人を嫌った夫が殺害したと考えられます。キャサリンが家の中で見つけた聖書の記録にも、夫により「地獄落ち」と記されていました。

キャサリンの前の住人エラも、夫により殺されています。その家に住んだ女性たちは、無念な最期を迎えているのです。

結局キャサリンも運命はかえられませんでしたが、キャサリンに寄り添い導くのがエラの使命で、生前のエラも同じようにスミット夫人の存在があったのです。指輪は彼女たちの絆を表しているのでしょう。

スウェーデンボルグとは?

本作で重要なポイントとなるのが、映画の中でもたびたび話題となるエマヌエル・スウェーデンボルグです。

エマヌエル・スェーデンボルグは、スェーデン出身の神学者で、カントやゲーテなど多くの偉人に影響を与えた人物であると言われています。代表作は「天界と地獄」。学部長のフロイドがジョージにプレゼントした本です。スェーデンボルグは、霊との交流が可能であると主張しました。スミット夫人もエラも、スェーデンボルグの信者でした。

オープニングで引用されたスウェーデンボルグの「天国にあるものは現世にあるものより現実的である」という言葉は、これまで家に住んでいた女性たちの霊を指していると考えられます。エラの霊は、キャサリンにとっては現実的な存在だったのです。彼女たちとつながることで、キャサリンもスェーデンボルグの信念に共感していることになります。

航海に出た夫は死んだのか?

追いつめられたジョージは、ヨットで出航します。ちなみに、このヨットは彼のいとこのヘンリーが所有していたロスト・ホライズン号です。

結論から言うと、ジョージは海で亡くなったと考えていいでしょう。おそらく溺死であると考えられます。

ここでのポイントは、ジョージ・イネスの描いた「死の谷の影」です。映画の中では、フロイドがジョージに贈ったスェーデンボルグの本のカバーになっていましたよね。

「死の谷の影」は、1800年代のアメリカ人画家ジョージ・イネスが描いたものです。イネスはスウェーデンボルグの敬虔な信者であったことでも知られており、フロイドによるとこの絵は「死後の世界へ向かう瞬間」が描かているのだそう。

ラストで映し出される絵は、この「死の谷の影」がアレンジされたものです。ジョージが「死後の世界へ向かう瞬間」を象徴したものです。

地獄への門がジョージの行く手に現れ、ジョージは地獄の炎の中に船とともに飲み込まれていきます。オリジナルとは異なり、十字架が逆さまになっています。これは、ジョージが地獄へ落ちたということを暗示しています。

また、女性たちによるラストのナレーションにも注目。

「地獄落ち。……私たちは霊となった おかげで力を手に入れた 小さな滴が集まり 果てしない海となるように」

この言葉から、ジョージの死は女性たちの力によるものだということがわかります。

団結した女性たちの力は強められ、とうとう夫を地獄へと追いやったのです。降霊会で語られていた「善は必ず勝つ。現世で負けても来世では勝つわ」という言葉が実現したことになります。

ちなみに、嵐の中を必死で舵をとるジョージでしたが、最後に舵を離す描写に気づきましたか?これは、自信をなくし絶望したジョージの心情を表しています。

映画の中で、ジョージが学生たちと美術館を訪れた時のこと。ある絵画に描かれた男の心情についてジョージはこう語っています「若さ故に自信を喪失した男の絶望だ。彼の手を見てみて。舵をにぎっていない。」

これはまさに、ラストのジョージそのものだったのです。

まとめ

Netflix映画「闇はささやく」の考察をご紹介しました。

「映画を観たけどよくわからなかった」「結末の意味がわかりにくい」と感じた方はぜひ参考にしていただけると幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。