【ユーロビジョン歌合戦ファイア・サーガ物語】出演歌手を一挙紹介!

ウィル・フェレルとレイチェル・マクアダムス主演作品「ユーロビジョン歌合戦ファイア・サーガ物語」。コメディでありながらも、実在するユーロビジョン・ソング・コンテストを舞台に繰り広げられる歌合戦が見応えあり。しかも、本物シンガーのカメオ出演も目白押し!

そこで今回は、「ユーロビジョン歌合戦〜ファイア・サーガ物語」に出演しているアーティストをまとめてご紹介します。

挿入歌のリストはこちらからどうぞ!

【ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~】挿入歌を全て紹介!
おバカなジョークが笑えるコメディ映画「ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~」の挿入歌は名曲ぞろい!当記事では、映画「ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~」の挿入歌を全てご紹介します!本作にカメオ出演...

【ユーロビジョン歌合戦ファイア・サーガ物語】出演歌手まとめ

本作のストーリーはフィクションですが、舞台となる「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」は実在します。欧州放送連合加盟放送局により毎年開催される音楽コンテストで、各国代表のアーティストがこぞってオリジナル楽曲を披露し優勝を目指すものです。

本作にも映像がありましたが、「マンマミーア」シリーズでもおなじみのアーティストABBAや、セリーヌ・ディオンも本コンテストの出身者なんですよ。

そんなユーロビジョン・ソング・コンテストで繰り広げられる音楽バトルを描いた「ユーロビジョン歌合戦ファイア・サーガ物語」。本作に特別出演するアーティストを見ていきましょう!

デミ・ロヴァート

アメリカ人歌手デミ・ロヴァートがアイスランド人歌手カティアナ役で登場。ブロンドのウィグで一瞬わかりにくいのですが、よくのびる美しい歌声はまさしく本物です!幽霊となってデミが登場するシーンも注目ですよ。

サルヴァドール・ソブラル(ポルトガル)

映画の中で、エディンバーグのストリート・パフォーマーとしてピアノを弾いているのはポルトガル出身の歌手サルヴァドール・ソブラル。2017年のユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝した時の楽曲「Festival da Canção」を歌っています。

ジョン・ルンドヴィック(スウェーデン)

パーティの「ソングアロング」のシーンで最初に歌い出すのはジョン・ルンドヴィック。ロンドン生まれのスウェーデン育ち。2019年のユーロビジョン・ソング・コンテストにスウェーデン代表として出場し、ラブソング「Too Late For Love」をダイナミックに歌い上げました。

アナ・オドべスク(モルドバ)

「ソングアロング」でジョン・ルンドヴィックとデュオで歌う女性は、モルドバ共和国のアナ・オドべスク。2019年のユーロビジョン・ソング・コンテストに楽曲「Stay」で出場しました。その後、「Agony」「Dreaming」をシングルリリースしています。

ビラル・ハッサニ(フランス)

ジョン・ルンドヴィやアナ・オドべスクとともに2019年のユーロビジョン・ソング・コンテストに出場したフランス人歌手ビラル・ハッサニも、「ソングアロング」のシーンに登場しています。個性的なルックスが魅力のビラル・ハッサニは、雑誌「Tetu」で「フランを動かす30(人)のLGBT+たち」に選ばれました。

ロリーン(スウェーデン)

スタイリッシュに階段を下りながら歌う美女は、スウェーデン出身の歌手ロリーン。2012年にスウェーデン代表としてユーロビジョン・ソング・コンテストに出場して優勝しています。その時に歌った曲「Euphoria」は、スウェーデンでナンバー1ヒットを記録しました。

ジェッシー・マタドール(フランス)

2010年のユーロビジョン・ソング・コンテスト出場者ジェッシー・マタドールも、「ソングアロング」に参戦。コンゴ民主共和国出身、フランス在住の歌手で、ダンサーとしてキャリアをスタート。ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加する前にもアルバム「African New Style」をリリースしています。

アリャクサンドル・ルィバーク(ノルウェー)

見事なバイオリン演奏を披露しているのは、ノルウェーのバイオリニストで歌手のアリャクサンドル・ルィバーク。ノルウェー代表として出場した2009年のユーロビジョン・ソング・コンテストで、史上最高得点を獲得して優勝しました。デビューアルバムは「Fairytale」。

ジャマラ(ウクライナ)

ウクライナの歌手ジャマラも、美しい歌声でスポットライトを浴びます。ソングライターでもある彼女は、ジャズ、ソウル、R&B、ワールドミュージックにクラッシックやゴスペルをアレンジした楽曲が得意。2016年のユーロビジョン・ソング・コンテストにウクライナ代表として出場し、見事優勝を果たしました。

エリナ・ネチャエワ(エストニア)

エストニア人歌手エリナ・ネチャエワは、2016年にエストニア音楽アカデミーでクラッシックの修士号を取得。2018年のユーロビジョン・ソング・コンテストに出場し、グランドファイナルで8位に輝きました。

コンチータ・ヴルスト(オーストリア)

エリナ・ネチャエワと一緒にパワフルな歌声を披露しているのは、オーストリア出身のコンチータ・ヴルスト。2014年に開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝者。2018年にHIV陽性であるとインスタグラムで発表し、彼を支持する応援の声がたくさん寄せられました。

ネッタ・バルジライ(イスラエル)

車からスタイリッシュに歌いながら登場するのは、2018年のユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したネッタ・バルジライ。イスラエル出身のバルジライは、イスラエル海軍の軍楽隊で兵役義務を務めました。優勝曲の「Toy」は、イスラエルでヒット1位を獲得しただけでなく、米ビルボードチャートでもトップに輝いています。

【ユーロビジョン歌合戦〜ファイア・サーガ物語】まとめ

映画「ユーロビジョン歌合戦〜ファイア・サーガ物語」にカメオ登場するアーティストをまとめてご紹介しました。

本作の挿入歌が知りたい!という方は、こちらからチェックできます。

【ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~】挿入歌を全て紹介!
おバカなジョークが笑えるコメディ映画「ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~」の挿入歌は名曲ぞろい!当記事では、映画「ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~」の挿入歌を全てご紹介します!本作にカメオ出演...

本コンテストは世界ではあまり知られていないとのことですが、個性と才能あふれるアーティストがオリジナルの楽曲を披露する見応えあるコンテストです。(残念ながら現在は、新型コロナウィルス感染症の影響で開催されていません。)

ご興味のある方は、本コンテスト出身のアーティストをぜひチェックしてみてくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。