【密航者】ネタバレあらすじとラスト解説!マイケルはなぜ宇宙船に?

Netflixにて配信中のSF作品「密航者」。モンスターや戦闘シーンなどはありませんが、宇宙船という限られた空間で、命の決断をしなければならなくなった乗組員たちの心理を緊迫感いっぱいに描いた本作は、まさに究極のサバイバル映画といっても過言ではありません。

今回は、

  • 「密航者」あらすじ(ネタバレなし)
  • 「密航者」あらすじ(ネタバレあり)
  • 密航者がどのような経緯で宇宙船に乗り合わせたか?
  • エンディングが意味することとは?

これらについてご紹介させていただきます。

なお当記事には、映画「密航者」のネタバレ内容と結末が含まれます。作品をまだご覧になっていない方、結末を知りたくない方はご注意ください

Netflix【密航者】あらすじ(ネタバレなし)

火星へのミッション遂行のため、宇宙船にて出発した宇宙飛行士たち3人。しかし、予定外にある人物が宇宙船に取り残されているのを発見します。不運にも、生命維持装置が故障。命の危険が迫ってきた時、彼らは難しい決断をすることになります。

作品情報
2021年公開/アメリカ・ドイツ/116分
配給元:Netflix

Netflix【密航者】ネタバレあらすじ

ここからは、映画「密航者」のネタバレ内容と結末が含まれます。作品をまだご覧になっていない方、結末を知りたくない方はご注意ください

映画「密航者」登場する人物は4人だけ。

  • ゾーイ(アナ・ケンドリック)…医師
  • デビッド(ダニエル・デイ・キム)…生物博士
  • マイケル(シャミアー・アンダーソン)…宇宙船発射サポートの技術者
  • バーネット(トニ・コレット)…宇宙船の司令官

火星での研究任務のため、宇宙船にて地球を出発した船長のバーネット、医師のゾーイ、生物学者のデビット。任務は2年間。

宇宙ステーションとドッキングが終わったあと、船内の点検をしていたバーネットは、二酸化炭素維持装置(CDRA)の中に負傷した意識不明の男性を発見します。彼をCDRAから助け出そうとした時、CDRAが破損。さらにはバーネットも右手を負傷してしまいます。

ゾーイから手当てを受け意識を取り戻した男性の名はマイケル。宇宙船の発射サポートの技術者として、船内で作業をしていた時になぜか気を失ってしまい、そのままCDRAの中に閉じ込められてしまったのです。

地球にいる妹のことを心配してパニックになるマイケルでしたが、宇宙船に地球に戻るための燃料はなく、2年間宇宙ステーションに留まらざるを得なくなってしまいます。

間もなく、CDRAが破損してしまい修復不可能な状態であることがわかります。しかも、予定では3人のはずが、4人分の酸素を使っている厳しい状況。バーネットはデビッドだけに現状を伝え、火星での実験のために持ってきた藻を繁殖させて酸素を生成するよう依頼します。

しかし、藻からは期待していた効果が得られませんでした。船内には、藻が生成する酸素も入れて3人分の酸素しか確保できません。このままでは、火星に到着する数週間前に全員窒息死してしまうことに。バーネットは本部から、マイケルの命を犠牲にすることを提案されます。

バーネットは、この深刻な状況をゾーイにも伝えます。

残された時間は20日間。ゾーイは、全員が助かるための解決法を探すべきだと主張し、バーネットは10日の猶予を与えます。

ここからは、映画「密航者」の結末が含まれます。作品をまだご覧になっていない方、結末を知りたくない方はご注意ください

しかし、命の危険にさらされている状況に我慢できないデビッド。こっそりゾーイの薬を持ち出し、マイケルに現状を伝えて薬で命を断つよう示唆します。

自分が想定外で宇宙船に取り残されてしまったことや、自分に親切にしてくれたクルーのことを考えながら薬を手にしたマイケル。しかし、地球に残してきた妹のことを考えると、命を断てない自分に葛藤します。そんなマイケルを見たゾーイは、デビッドを問い詰めます。

しかしデビッドは、3年もかけて準備した実験用の植物をマイケルのために犠牲にしたことを告げ、自分(ゾーイ)は何をしたのかと責めるのでした。

意を決したゾーイは、船の外にあるジェットエンジン「キングフィッシャー」にある液体酸素を手に入れる案を実行に移すことを決意。

450メートル離れた「キングフィッシャー」までは、テザーを登って行く必要があります。途中にある太陽電池パネルを傷つける可能性や、落下の危険も避けられません。しかも、そこに酸素が残っているかも確かではないのです。

しかし、頼りにしていた藻が全滅。確保できる酸素は2人分になった今、残された道は1つです。

訓練を受けていないマイケルはテザーを登れないため、ゾーイとデビッドがキングフィッシャーへ向かいます。

無事キングフィッシャーへたどり着いた2人。酸素漏れはあるものの、十分な酸素が残っていることを確認したゾーイは、タンクに酸素を充填します。1本目の充填がおわったところで、太陽嵐が接近。もう1人分の酸素を確保する前に、ステーションに戻ることを強いられます。

ステーションへ戻る途中、ゾーイは着地の衝撃でタンクを落としてしまいました。

結局、2人分の酸素しかない状態に逆もどり。数時間後に太陽嵐がおさまってから、再びキングフィッシャーへ戻ることはできますが、酸素が漏れているので急がなければ十分な酸素を確保できないかもしれません。放射線が大量に放出されている太陽嵐の中、ステーションの外に出るということは死を意味します。

腕を痛めたバーネット、訓練を受けていないマイケル、地球で妻が待っているデビッドの代わりに、ゾーイが自分で行くと志願します。

太陽嵐の中、ゾーイは酸素をタンクに入れてステーションに届けます。その後、ゾーイは船の外に座り、遠くに見える火星を静かに眺めるのでした。

Netflix【密航者】マイケルはなぜ宇宙船にいたのか?

作品のタイトルにもなっている「密航者」マイケル。この密航者が一連の事件のきっかけとなっているものの、作品のテーマと直結しているわけではありません。

しかし、そもそもどのような経緯でマイケルが密航者となってしまったのかが気になりますよね。

マイケルは、故意に密航者となってしまったわけではありません。宇宙船の発射サポートの技術者として作業をしていた時、何らかの理由で意識不明となってしまい宇宙船に取り残されてしまったのです。

「最終点検として船内をチェックしなかったのか?」「マイケルが気を失った理由は?」など疑問は残りますが、結局詳細については明かされていません。

本作のテーマには全く関係ない詳細であり、あくまでエンターテイメントとして深く考えずに受け入れるしかないでしょう。

Netflix【密航者】ゾーイは死んだの?ラストを考察

宇宙という孤立した空間で、生きるために不可欠な資源がなくなってしまったら?ただし、他の誰かが犠牲になることで解決できるとしたら?本作を手がけたジョー・ペナ監督が観客に問いかける究極の選択…。

映画「密航者」のラストは、酸素の入ったタンクを届けたあと、ゾーイがステーションの塔に座って静かに火星を見つめるシーンでエンディングを迎えます。ゾーイが亡くなるシーンはありませんが、大量の放射線にさらされて生き残る可能性はゼロであることが一目瞭然です。ゾーイは、遠くの火星を見つめながら何を考えていたのでしょうか。

映画の中盤あたりで、ゾーイが12年前にビーチの監視員としてアルバイトをしていた時の経験をマイケルに語ります。溺れている人を見つけたゾーイは、助けようと海に飛び込みますが彼女も溺れそうになります。諦めかけた時、誰かが2人を助けたくれた、という話です。

このゾーイの話こそが、本作のラストへとつながっています。

結果として人を救うことができなかったゾーイは、自分の能力に疑問を感じていました。おそらく彼女が医者になったのも、マイケルを救おうと必死になったのも、この自分の能力への疑心が根底にあるような気がします。

ラストはゾーイの次の言葉で締めくくられます。

学術プログラムには、どうせ落ちると思って応募しました。でも今は、このミッションの遂行で人生の意義を見出せると思っています。

作品の冒頭あたりで、ゾーイがインタビューで語っていたのと同じ言葉です。

ゾーイは自分の命を犠牲にすることで、自分の存在が意味のあることなのだと自分自身に証明したのです。

参考
密航者|Netflix

まとめ

Netflix映画「密航者」についてのネタバレあらすじなどについてご紹介しました。

観た後に、深く考えさせる作品でした。そもそもどうしてマイケルが宇宙船に取り残されていたのかは気になってしょうがありませんが(笑)、作品が伝えたかった「犠牲の精神」が、自分にとっても今の社会にとっても重要な要素であるということを実感しました。

現在(2021年4月25日時点)、映画「密航者」はNetflixにて配信中です。まだ観ていない方は、ぜひご覧になってみてくださいね♪

最後まで読んでくださりありがとうございました。